理想実現プログレスの月

個人のホロスコープのプログレスの新月(太陽と月が合)が起きたところから、360度のホロスコープをプログレスの月が一周するのに30年。

新月のときに心に思い描いた理想をその30年でカタチにしていくというのを松村 潔さんの「月占星術講座」という本に書いてありました。

自分のホロでたまたま去年プログレスで新月になっていたのを知っていたので、わたしのプログレスの月が教えてくれることを今回書こうと思います!

これは無料でホロスコープが作れるサイト Astrodienst で出した出生図&進行図。

去年のちょうど一年前、2018年8月26日のもので、12ハウスの後半牡牛座の9度で木星も合の状態で新月を迎えていました。

新月が示す実現したい理想が何かはハウスが表すと書いてあって、12ハウスは夢とか宗教とか精神世界みたいのを示します。

去年の今頃はタロット占いをやり始めて間もない頃くらい。1ヶ月くらい後の10月の時点でもオーブ0の太陽月合。「占い師になる!」とタロットや占星術の勉強をはじめたのが丁度その頃でした。

元々の誕生図でも、わたしが人生でやって行くことのキーワードはカウンセラーとか精神世界のリーダーとか共感力とかだいたい書かれてるので、12ハウス的な分野の人間になるのは間違いなさそう。

占いやっているというとオカルト趣味だと思われがちなんですが、案外占い師さんは実はカウンセリングに占いを使ってる方も多いんですよね。

 

牡牛座9度のサビアンシンボル

プログレス新月が起きたサビアンも何か意味があるのかなあ?と思って、いつも大好きで見ているサビアンシンボルのブログサイト「すたくろ」で見てきました。

牡牛座9度のサビアンシンボルは「飾られたクリスマスツリー」すたくろさんのページhttps://sutakuro.com/2016/03/ousi39/

内面的な強さを作って、目標を掲げて苦労を苦労と思わずに努力して成果を出す。みたいなことが書いてあります。

 

面白いなって思ったんですが、プログレスの月が去年からまだ月齢期1日目のところに入ってるのですが新月の日って、アファメーションといってノートに実現させたいことを書くんですよね。

月は無意識を司ります。ここ最近縁があって、本を出したり雑誌にも載っている倉持淳子さんの「目標達成クラブ」に所属して、理想実現ノートというものを書いてます。このクラブで教えてもらったのも「無意識」を使って理想を現実化させるというものでした。

繋がってるー!!

そして何気に、プログレスの月に沿ったことをわたしはやっているのねとちょっと感動。

実は去年の10月にも「逆算手帳」という、理想から目標を作っていく形のノートをやっていたのです私(笑)その時は結局、1ヶ月も持たずにやらなくなっちゃって普通のスケジュール帳に戻したのですが(笑)

この逆算手帳で100リストを作ったことがきっかけで、私は占い師を目指すことを決めたんだよね。

あと数ヶ月でプログレスの月齢期が2日目に入ります。どんな変化があるのか楽しみです!

コメントを残す