自分を生きるためにすること

自分を生きるためには、人に振り回されない軸が必要。

今日はまだ自分に軸ができていなくて、人に合わせて気持ちを飲み込んでしまっていた時に起こした間違いに結末をつけました。

自分の心に素直じゃない判断は、他人に誤解を与えるし気づいたらこんなはずじゃなかった!という問題につながります。もし自分の心にもし正直な形で進んでいたことならきっとwin-winができていたんだと思う。

この出来事で私は「嫌われる勇気」を身につけました。

大好きな仲間に、言わなきゃいけないことはちゃんと言うのが相手に対しても自分にたいしても誠実さと思いやりだと思って泣きながら伝えた。

結局ちゃんと伝わらなかったけど、わたしはそれでいいと思えるようになった。

誰かがそのことで私を責めたとしても、わたしには私の正当な理由があるので全く気にならないと思えるようになった。

その正当な理由も無いものと結局なってしまっているけど、それも相手が受け取れないのは相手の問題だと割り切れるようになった。

嫌われても、相手を自分が嫌わなければいいんだよ。嫌いとこちらに対して思うことは相手の自由だし相手の問題。そして嫌われたから嫌いになる必要もない。それを嫌がるも受け入れるも相手の選択で相手の問題。

この自分軸ができないと自分を信じることも好きになることも難しいと思う。わたしはこれが出来るようになった日からものすごい勢いで引き寄せが起きてます。

他人にわざと嫌われる必要はなくて、嫌われたとしても自分の心に正直に生きることこそが人や運命から愛される秘訣だと思う。

コメントを残す