親子それぞれの人生と試練

今も、これまで産まれてからずっと、成長のために必要な人と出逢ってきたんだなと感じてます。今日は長男と出かける用事があって、いつもより少しつっこんだ話ができたんだけど…

「友達の家族はみんなが仲がいいけど、うちは仲良くないから。みんな羨ましい」

って言葉に申し訳なさいっぱい。私が自由気まま、好きなように振り回してきたので。

長男のホロスコープはものすごく重苦しいもので、4ハウスに入っている土星は私の持っている蟹座土星の性質が内的ではなく、外からの影響としてやってきます。

4ハウスの土星は、父親が居なかったり家庭が崩壊状態だったりで家族からの愛情をしっかり感じることが出来ずに幼少期を過ごすことが多いそう。


うちの長男もまさに、大好きだった父親は行方知れず。母親は自由人でまともな愛情を感じられていない。「自分はちゃんと愛されたことがない」と孤独感を持ってる様子です。

生まれつき環境に振り回されない次男は幸せオーラを常にもっているような子で、長男はいつも次男を羨んで嫌ってました。次男は自分で自分をちゃんと愛せていて、それが当たり前として生きてる感じ。

現実的には完全に私がその環境を作ってしまったことが原因でもちろん反省も後悔もたくさんしたけど、長男の人生は長男の人生なので私がどれだけ反省して後悔しても何かが変わるわけでもなく…。長男が自分で自分の人生を受け入れて、自分で強くなっていくしかないと思ってます。

人は自ら人生で学ぶことを魂の時に選んで産まれるそうです。
学ぶためにはそれぞれ試練があって、人生の課題、目標が大きいほど試練になることは過酷になるそう。

ホロスコープを見ると、長男の太陽と私の土星がピッタリ0度で重なってます。

長男は私の人生の課題の一部であって、私は長男にとって自分自身を抑制する試練を与える人ってことかなあーと。

長男とはお互いの人生に大きな影響を与え合う存在なんだと思います。

そういえば、長男の土星が私のASCに0度になってるので私の行動を制限する役割にもなってるのかも。


今時代が自立をキーに持つ水瓶座サインの性質に移動してきていて、依存関係に対して厳しい状況になっていくと思います。

精神面の自立が出来ていない状態(他人軸→人や環境のせいにする、ネガティブ思考等、精神発達の障害)の人間が母親や父親の場合、子供に対してコントロールしようとするのでする方もされる方もフラストレーションが溜まりやすく、最近よく見るような親子でのDVやモラハラに繋がりやすくなります。

無意識下で依存状態に対して自立を促す影響があるんだろうなと思うんだけど、これからその自立を促すエネルギーがどんどん強くなっていくので、親子関係の難しさが今の社会環境だともっともっと苦しいものになっていくだろうと思ってます。

これは、時代の方が子育てを「小さな家族の責任」ではなく社会でみんなで協力しあって誰の子だからとか関係なく大勢で子供たちを育てる環境が必要になるように促してるんだと私は感じてます。


コレ書いてて思ったんだけど、日本という国が「家族」っていう子供を育てるためには親という「政治」に頼らずに協力しあうって意味もあるのかも。
国は何にもしてくれない!って依存して怒ってても何も変わらない。吠えてても変わらない。それなら自分達で動くしかないよね。


私は占い師として人の成長の指針になりつつ。未来には社会のために動く人が生きるため、成長するための支援もできるようになりたいと思ってます。

コメントを残す