新たな課題への気づき

仕事に対する苦手感とか力の入れ方。自分のスピリチュアルや占いへの信頼等がここ1ヶ月くらいの自分の課題になってました。

今日お仕事をしながら「あ、もう平気だ」と感じてから、新たな違和感。

いろんな事情があって今の会社では自分が満足いくような状態に持っていくことができないかもしれないことに気づきました。

会社という形態に依存することはやっぱり自分に合わないことにも。

この仕事をする流れになったのは、自分の苦手克服のためだったのねーと納得(笑)

 

スピリチュアルとか苦手な方いたら御免なさいなのですが、最近自分を誘導している存在をすごく感じてます。「あ、これは誘導されてる」っていうのがなんとなくわかるんです。

いわゆる直感っていうやつだと思ってるんですが、スピリチュアルの業界では高次元の自分と呼ばれている存在です。

タイミングを見計らって、私が何かに気づくようにキーになるようなものを見せてきます。能力が高い方は、直接質問して答えてもらったりとかできるみたいなんだけど、私はそこまではなくて、自分に起きる出来事の中にある誘導に気づく程度。

今日もショックなものを目にしてしまって「また何かテストされてる…」と感じながら落ち込んでいたのですが、たまたまその後に目にした全然関係ないところにあったヒントから新しい気づきがありました。

高次元のわたし…そうきたか、と思った。

この存在は特別な人だけがもっているわけではなくて、誰もがもっている存在です。

本人が気づくか気づかないだけ。彼らは私たちが生まれ持った人生の課題を超えていくため、向かっていくために生まれたときから一緒にいて、私たちに必要な経験と学びのみちに導いて見守ってくれてるんだと思います。

目の前にあるものから目を逸らさないで、その出来事にある課題とそれの乗り越え方をちゃんと見てみてください。そこには必ず必要な学びと経験があります。

間違った道にきていたら間違っているよとサインをくれます。

自分にとって何度も同じような嫌なことが起きていたり、他人から何か言われることが気になったり、自分に自信をなくすような出来事とか。その中には自分が学んで乗り越えないと進めないメッセージがあります。

彼らは早く気づいてほしくて最近は活発化してるみたいだよ。

自分軸を手に入れて自分を愛することができるようになれば、彼らを感じられるようになるんだと思う。

コメントを残す