心から離れたことはしないこと

心がちょっとでも違和感を感じることをそのままにして何かをすると、じわじわ自分の本質から離れて気づいたら自分がやりたい事から離れて、そんなつもりでは無かった!という事が起きます。

私は自分に自信を失くすと、共感や優しさをくれる人に合わせることを大切にしている人のところに寄っていこうとすることに気づきました。

この人なら自分を理解してくれる。と

自信を失くして気持ちが落ちてる私は誰かに依存して共感し合うことで安心しようとするんだよね。

過去ずっとそれで失敗してきたのに、もう誰かに合わせて自分を失くさないように自立しようと決めたのに。やっぱり心が弱った時は自分が依存的になります。

自分が自信を失くして寂しくなったときほど私は人が恋しくなって、自分を承認してくれる人を選んで構ってもらおうとする。そんなときによくやらかすのが、心にない約束を取り付けてしまうこと。

相手軸になっている時の私は、相手が喜ぶであろう行動を取ろうとします。相手が喜んでくれる事が嬉しい。私は自分自身を愛せない代わりにその時の相手を自分の鏡にして喜ばせよう、愛そうとしているんだなと思います。

昨日相方のパッタイさんに「ちこりさんはいつも皆んなが幸せなのが良い!と言ってるけどいつもその皆んなにちこりさんが居ないよね。入れてあげて欲しい」と言われてちょっとびっくりしたんだよね。

自分軸で自分を一番に愛そうと決めてからも、私は自分を置き去りにしていることがよくあるんだと知った。いつも皆んなが少しでも大変じゃないようにって方法を考えるクセが抜けてない。

8月、9月とお金も無いし自分の時間もあまり無いから予定を出来るだけ入れないと決めていたのに、誰かが何かやろうとして困ってると気づいたら自分から「私やる!」をやってしまってたので、あとからスケジュール帳を見て毎回自己嫌悪してました(笑)

こんなはずじゃ無かった。と思って何かやることって、周りにも迷惑がかかるし本当にもう自分に意味のある事以外は簡単には約束しないようにしようと思った。

5月に全く同じことを心に誓って、私は自分軸になるって決めてたはず。他人からの依存を受け入れないこと。心にない約束はしないこと。

落ち込んだ時は元彼に怒ってもらうのが一番いいなって今日思った。

彼は私の依存心にとても敏感なので、一刀両断してくれてその後に分かりづらいけどフォローをくれる。そんな中に一番愛を感じる。こうやって背後から守ってくれてるんだなと。

私はもっと自分自身のことをやらないとなのに、他人に時間を使いすぎてる。もう本当にそういうの辞めないと自分のためにならないや。

コメントを残す