10年後の理想状態

ここ最近自分の理想状態どうこうとかよりも、何かとにかくやらなきゃ!動かなきゃなのに何もできない!とか、これをやれば収入がぽぽんっと入ってくる!と思ってたことが実は実は現実的な収入につなげるにはコツコツとした積み重ねが必要で簡単なことでもなかったりとかで、目標を見失ってみたりとかしてたのですが。

お師匠のひなさんが「私いま頭に10年後のことしかないんだよね。10年後の理想考えてるとさ…時間が無い!今こんなことしてる場合じゃねえ!って他のことどうでも良くなった」と言って、表には出さなかった焦りとか不安とか周りと比べてしまっていたことを話してくれて

あ!それだ!!

と思ったの。私に必要なのはその、目的を達成するための集中力だ。

理想を叶えるためには、周りがどうだとか自分はこれが苦手だからやりたくないとか、ウダウダ言っているヒマは無くてその時やるべきことをとにかく熟すことに集中すれば良い。

去年の8月から11月までは私は本当に忙しくてクタクタになりながらも、その時に必要だったことは迷いなくこなせてたんだよね。占い師としてちゃんとした会社でデビューすること!自分の中ではすごく苦手だった他人からテストされることとかも半泣きになりながらも乗り越えることができた。

過去の自分だったら弱気になって逃げてたようなことばかり起きたけど、3年後にキャンピングカーを買うのだ!という目標があって、その目標を達成するためにと必死でした。

今思うと物凄い集中力発揮したなと思う。

今動けなくなってる私に足りないのは目標のための集中力だなあと気づいたので、もう一回しっかり理想状態を描いてみようと思う。

コメントを残す