壁打ちゲーム

いつも自分の問題点や課題に気づきをくれるのは20歳年下のパートナー。

20歳も年齢が離れた相手とわたしが出会った意味がなんとなく解った気がするんだけど…

私が精神年齢が余りにも低いので、成長するために出会った相手が社会的経験値が多すぎると大人すぎて喧嘩にならないので私の成長に繋がらないってことなんだな…なんて思ったりした。

精神年齢が程よく釣り合うように出逢うようになっていた…という感じ。

そんな中できっと私は私で今の年齢で「これまでの人生を生きてきていてたくさんの経験がある」という変に自信を持っている状態というのが必要だったんだと思う。

私が彼に対して普段から感じているものは、自分に対して無意識で思っている事なんだと今日も気付かされた。

「彼は私を認めていない、馬鹿にしている」=「私は彼を認めていない、馬鹿にしている」彼からしたら私は会社勤をしたことがない高校にも行っていない世間知らずで常識知らず、私からしたら、彼は狭い世界しか経験していない世の中知らず。

お互いが知っている世界が正しい!を押し付け合ってる状態。

彼からぶつけられる言葉は容赦なく私の隙を突いてくるし、自分で自信を持ってやっている事も否定されて潰されてしまう。

でも今日も気づいたのは、私が彼から否定されて感じる部分てのは無意識で自分自身がそう思ってる部分なんだよね。私が彼に投げる言葉もそう。

「バカにしてる!」と思うのは私が先に彼をバカにしてる部分があるからだ。

彼の人生の課題である土星は魚座で、私の水星と太陽の丁度間の度数辺りにあって彼と関わっている時は彼からの制限を受ける。安心感と拘束感がごちゃ混ぜな感じ?きっと私が他人軸でいるときは彼の土星の影響を私は大きく受けてしまう。

魚座の土星はスピリチュアルに対する苦手意識。私みたいな超魚座ふわふわ人間みたいのは本来彼が1番苦手なタイプ(笑)だからきっと彼は、自分がコイツをなんとかまともにしてやらないと!みたいな意識が働くのだろうなと思います。

土星が私の太陽と水星に乗ってるってことは、私の目標や選択面で彼が何故か口を出してくるのは、私にたいする責任感ってことかな…。

喧嘩ばっかりで毎回精神やられるけど、毎回大きな気づきがあったりするので厄介だけど有難い存在だなと思う。


今日はYouTubeに三択リーディング「お相手があなたに望んでいること」をアップしました。自分でもこんなん当たるん?とか思いながら作ってるくらいなので当てはまったらラッキーくらいに観てやってくださいね🙄意中の相手がいる方向けです。

 

コメントを残す