自分のサイズと向き合う満月

3月10日の満月は、6番目のサイン乙女座。これまで作り上げてきたものや事の中で自分のサイズにフィットしないものを手放し、柔軟に現実的な自分の居場所と自分の心や身体との差を知り埋めていく。

私は自分の中の「どうせ自分にはできない」とか「こんなに頑張ってるから誰か認めて!」みたいな幼い自分の意識との決別なのかな?と感じた。

もうわたしには必要の無い思い込みと、頑張らないと認められないという思い込みがあったんだなっておもう。

自分の感情を客観的に見ることが得意になった気がする。

今日はくたくたになって家に帰ってから思いっきり泣いてみたんだけど、泣きながら自分の感情と向き合ってみました。

わたしは3年前に発症した鬱から「仕事はもうできない」という思い込みを持っていて、働き出したらまたあの胸に空洞ができたみたいな苦しさが来るんじゃ無いかという恐れを捨てられずにいるんだと思う。

おもいっきり泣いて、幼い自分と向き合ったらスッキリしました。

周りから「無理だ」という心配の声をたくさんかけられていた事も、自分の心の声だったんだね。わたしが大丈夫って決めたら心が安心しました。

こうやって体験して学ぶことができる自分自身に感謝してる。

わたしの世界はわたしが作ってるから大丈夫なんだよって思える。

コメントを残す