大人になれなかった大人たち

この2年(と半年くらい)「発達障害」というキーワードでたくさんの人と繋がってたくさんの事を感じて学んできました。

発達障害という言葉がどんどん浸透していくにつれて、発達障害という概念がなんだかいう人によってバラバラでよくわからないものになったりもしているのですが(笑)

今生きづらさを抱えている人たちの苦しみの根源は、実はそこではないなとこの2年ツイッターで人々の声を観察していてずっと思っていました。

ADHDもASDも、性質を紐解くと西洋占星術で元々こういう星の持ち方をしてるとこうなるよね。みたいなものに当てはまるくらいの、元来人々が元々持っている性質でその性質のバランスによって、得意や苦手が別れるのです。

じゃあこの生きづらさはなんなんだろ?となりますよね。

それは、社会環境に依存する事で安定していた時代から今、自立意識が芽生える時代に何年もかけて移行してきていることが根底的な原因だと思ってます。

詳しく書こうとするとどんどん宇宙的なエネルギーの話になってスピ臭がしてくるのでその辺りは端折りますが(笑)

今とにかく、他人軸じゃないと生きづらかった約2050年間の魚座時代(陰)と自分軸じゃないと生きづらい水瓶座時代(陽)という約2050年間の狭間を私たちは生きてます。

発達障害というキーワードに悩み苦しんでいる人達の大半は、この陰から陽への切り替えが上手く行かなかった人々。「精神的な自立」親との自他分離ができていない状態の人たちが精神を病んだりして苦しんでいるんだと感じています。

ADHDだろうがASDだろうが、この自他分離ができて他人との健全な境界ができていれば、自分で自分に向いている環境や仕事を上手く見つけて自分のスキルを磨いて社会で上手く生きています。

コミュニケーションが苦手とされているASDですが、ホロスコープ的にはめちゃくちゃコミュニケーション強な人もたくさん見ています。ついでに言えば半年前に知り合ったASDでコミュニケーションが上手くとれなくて20年間一人で悩んでいた男性。

今ビックリするくらいコミュ強です(笑)

みんな何でコミュニケーションが上手くいかないのか。その原因は嫌われることや馬鹿にされることを恐れて自分を曝け出せないこと。そして愛着障害起因の認知の歪み。そして自他の境界が曖昧なこと。

この問題を解決していくことで、人は自分の価値を知って自分を信頼。自分を愛することが出来ていくんだと感じてます。自分を愛することができるようになると他人からも愛されるようになるし、他人を愛することもできるようになる。

他人軸から自分軸へ転換は「根底的な愛」を知るためのプロセスだと気づきました。

今たくさんの人がこの軸転換を経験しているのをTwitterで私はみています。この経験をした人達は、まだその転換を終えてない人達のために何かしようとそれぞれが自分の持っている得意を活かそうとしてるんだよね。

スピリチュアル界ではライトワーカーと呼ばれています。

私も、私が得意なことを活かしてたくさんの人が「自己」を生きる道に進むお手伝いをできるように頑張っていこうと思ってます。

 

今日は太陽回帰。私の誕生日!

スピリチュアルリーダーの星を持って生まれたことを誇りに持っていこうと思います!

コメントを残す