ツインレイの役割

私は何か成功したわけでも、何か大きなものを手に入れたわけでもなくて外から見たらきっと2年前と何も変わってないんだと思う。

でも私は今、自分の内側の世界がとても満たされてると感じるんです。

必要なのは何かを手に入れることとか、何かを完成させることというわけではなくて、今自分にあるものの中に感じる幸せだとか、未来に持っている夢とか理想。自分も周りも大丈夫という不思議な安心感。

私の中の「大丈夫」の幅が広がったなと思ってます。

過去の経験全てが今の自分を作ってくれた貴重な体験と思えていて、それは「普通」の世界からみたらとんでもなく不幸だったり、蔑まれるようなことでもその中には必要な学びがあったと感じてます。

私自身がもしかしたらこの「学ぶ」ということにすごく幸福感を感じる人間だからなのかもしれない。運命を感じる彼とのことも、散々死にたくなるような辛い気持ちや憎い気持ちとか、出会ったことに後悔した時とかもあったけどそれも全て自分の中にある要らない感情の浄化につながってました。

彼を想うように自分自身に愛を感じられるようになってから孤独感が消えました。

今、ツインレイという関わりで苦しんでいる人がもしみているなら伝えたい。

相手ではなく、ほかの誰かでは無く。自分のために生きることを頑張ってください。それをやるためには相手の言いなりではなく、思ったことをちゃんとつたえること。

もしそれを言ってしまったら相手に嫌われるとか、相手が居なくなるとか思って言えてないなら、手放す決意をしてください。自分の心はちゃんと伝えること。

もし今分離期間にいて相手に会えていないなら、自分のなりたい未来像を描いてください。そしてそのなりたい自分になろうと、夢に夢中になってのめり込んでいくと…

その夢を邪魔でもしに来るみたいに相手が返ってきます(笑)

私は去年の3月末に見捨てられ不安から相手に嫌な態度を取ったり泣いたりして困らせまくっていました。そんな中、相手から突然別れを言われて4ヶ月音信不通…というか無視されていました。

彼のことで毎日毎日泣いて過ごしていた間は完全無視をされて、私以外の人には普通に接しているのに私にだけ反応が無いとか、もうほんとに辛くて仕方なかった状態でしたが…

私が自分軸を身につけよう。占い師として自立した人間になろう!と未来に意識が向いて動き出したその日に、相手からDMが届きました。

今までの無視のこととか、なにごともなかったかのようにDMが来ていて殺意が湧いたわけですが…(怒)

そこからは奇妙な距離を相手から取られつつ、私は自分の理想に向けて動いてました。絶対やりたくないと思っていた電話占いの仕事のオーディションを受けたり、毎日延々と鑑定しまくって精神ボロボロになったり(笑)

でも、初めて何がなんでもやり遂げようってこのときは思って過去こんなにがんばった事なかったってくらい必死に頑張りました。

それを見守っていてくれた彼はいつのまにか心がすぐ隣にいるみたいな距離に戻ってきてくれていました。遠距離なので滅多に会えないんだけど、3月にお別れする以前よりもしっかり相手からの愛情を感じられる自分になっていました。

今も時々大喧嘩もするけど、そのたびに安心感が強くなっています。

感情を丸裸にして浮き彫りにして、浄化をしてくれる相手。それもツインレイの相手の役割だと感じてます。

 

今日これを書いてるのは、希望を見失ってしまってるツインさんを励ましたかったのです。自分が「そう」と感じるなら、その相手は自分にとってのツインレイ。

自分自身のスピリチュアルを、自分を信頼することが「自己愛」なのです。

私が今満たされた気持ちをもっているのは相手から愛されているからとか、何かに成功したとか何かを手に入れたとかではなくて、私が私自信を認めて愛することが出来てきているからだと感じてます。

相手から愛されるから自分を愛せる。と思いがちだけど、実は自分から自分を愛さない限り、相手からの愛を感じることはできないんです。

相手からの愛を感じなくても、優しい態度がなくても、言葉がなくても。

「私は充分に愛されるべき存在なんだ」という自己信頼が、相手からの愛を受け取れる…というか気づくことができる条件なんだと思います。

私と彼はずっと遠距離なのですが、夏頃にひとつ屋根の下に暮らす計画を立てています。

私に対して言葉も態度もまったく気持ちもなさげに見える人。だけど、彼の未来計画にはちゃんと私が存在していることが、たまに当たり前みたいにポロっと出てくることがあります(笑)

感情をじっくり味わって、そこから逃げ出さずにとことん味わいきって浄化をしていってください。自分自身の心の距離が、相手と自分の心の距離。

だからまず自分自身が自分を大切な恋人だと思って扱っていってください。

コメントを残す