魚座太陽の生き方

私は西洋占星術がとても好きだ。西洋占星術は、古くから伝わる学術でたくさんの人が研究して学んできているため、見方もやり方も解釈も人によってそれぞれ違う。

どんな本を読んだかとか、誰に学んだかとかでもそこは違ったりして、本当にこれが正しい!という解釈は本来無いものだというのが私が最近感じているもの。

私はものすごく「情報」や「知識」に対しての意識が通常より高くて、間違いとか正しいとかへの拘りが強いあまりに、自分の発言が間違ってるかもしれないとか自分の考えてることは間違いかもしれない。誰かに突っ込まれたらプライドが折れて死んでしまう!と思うくらいで、西洋占星術やタロットについて数ヶ月前まで自分なりの解釈や考えを、人に表現することがものすごく怖かった。

最近急にそこが吹っ切れてきた気がします。

そもそも占星術は学ぶものであっても、それが「正しい」とは限らない。私が尊敬する占星術の講師をやっている人がとても乙女座質の強い先生で「正しさ」について拘って書いてるのを見て、以前はブルブルしてました(笑)

私は説明書てきなものや教科書にあること外につい注目してしまう性質があって、ものすごく情報を大切だと思ってるくせに、直感的に感じた解釈を勝手に取り入れて創ってしまうんだよね。

これはしっかり教科書とかで勉強してきたことに忠実である人がみたら、私は西洋占星術にたいして冒涜的なのかもしれないんだけども。

私は「魚座」なのだ。

太陽は獅子座の支配星なので太陽じたいが「クリエイティブ」を意味してるんだけども。私のクリエイティブのやり方が「魚座」

魚座的にクリエイティブをするっていうのは、そこに境界はいらないし形のある知識や情報では伝えられないものを表現すること。魂が感じることを創造するのが魚座。自由な表現をすることが私の生き方なのだ。

ついでに知性を司る水星も、喜びや愛を司る金星も私は魚座。

だから、私は誰かに何か言われたって自由にやる。教科書どおりにやるのはそれをやりたい人がやればいい。私にしかない私オリジナルの表現でいろんなことを表現していくのだ。

コメントを残す