ツインレイ、恋愛のエネルギーの話

昨日アップした動画は、どうやっても諦めることができない忘れられない辛い恋愛をしている人向けに恋愛のエネルギーの状態を愛用のボールペンで説明しました(笑)

少し前までの社会では女性性が男性性を追いかけて男性性が守る場所を整え支えることで協力し合う。女性は男性の船に乗って共にある。みたいな時代でした。

今時代は「水瓶座時代」に入って、性差、年齢、職業や個性全てに置いて上下では無く横の繋がりに移行しつつあります。

女性は男性の姓に入り、男性の居場所を守る。という時代はきっとバブル崩壊の頃から終わりに向かっていたんじゃないかな?と感じています。

時代は女性も男性も関係なく、社会に自分の個性を活かしていく自己実現を目指す時代に入りました。ひとつの魂が男性性と女性性に別れて生まれたツインレイは新しい時代に必要なものを生み出すために、お互いが全く違う人生を生きてきて出会いお互いを成長させるという課題を持つ魂の仲間であり、唯一の自分自身の鏡。

自分に対して嫌悪感がある部分があればあるほど、お互い相手のことを好きになるほどに相手に自分の嫌な部分が投影されるので、辛く苦しい思いをすることになります。

だいたいのツインレイに出会ってしまった女性から一度は聞くのが「出会いたく無かった。ツインレイじゃ無かったらよかった」相手に対しての憎悪を抱いてる人もいます。

でもその嫌な部分や憎悪は実は全て自分自身に対するものなんだよね。

相手を憎んだり愛したり、別れても心が離れなくてまた再会してまた苦しんで。それを繰り返していくうちに自分自身への愛に目覚めていきます。

自分自身を愛せないうちは、相手からの愛を受け取ることができないので「愛されてない!」と辛くなり、自分を愛せていない分相手が遠ざかって見えてしまうという状況を生み出してどんどん闇に落ちていきます(笑)

闇に落ちた先で「自分で自分を愛するしかなくない?」「自分で自分を認めるしかなくない?」という気づきに行きついて、自分を大切にしていくと遠ざかって見えてた相手がご褒美みたいに寄り添ってくるんですよね。

それを繰り返して成長する、自立を促してくれる相手なのです。

これまでの恋愛という概念が「依存型」これからの恋愛という概念は「自立型」

そのこれからの恋愛に時代と共に移行しているのを率先させられているのが、ツインレイと出会う人たちの使命なのかな?と感じてます。

てなわけで、そんなツインレイの「自立型」な恋愛のエネルギーの説明を私個人が経験した中から感じたものなので正しいというわけではないですが動画の中でお話ししています。

ツインレイに限らず、恋愛を成就させたり自分が本当に必要な人を引き寄せるために必要なお話になるので、動画観てみていただけたらと思います。

普段アップしている動画内で展開してるので、動画の概要欄にあるタイムスタンプからエネルギーの説明のとこに飛んで見ていただけたら良いと思います。

コメントを残す