しばらくお休みしてみました。

ブログをしばらくお休みしてみました。

とりあえず…ブルーのシールが貼れないのが寂しい!!!!という事でやっぱりかけるときは書いとこ。と思います(笑)

最近世の中や周りに起きていることの中に、そこ拘るから白黒の話になるんじゃね?と思うことが多々あります。

いろんな物事を見るときに、白と黒に分かれた物事があると大体にしてそれを正義だ悪だと判断する人が現れる感じがします。

そこ…いや確かに言われたらそうだけども、だから悪と決めつけてしまうのは如何なの?

みたいな。

結局そういうのって、そこを点でみて執着してしまうからジャッジしたくなるわけで。いいと思ってる人も悪いと思ってる人も丁度いいバランスが必要なんだろうなぁと感じる。

白があったら黒があってはならない。というのって人種問題にも絡んでるよね。

白が幸せなら黒が幸せになれないとか、その逆だったりとか。自分と同じ質のものを優位にしないと生命に危機でも感じているのかな?と思う。

本当なら、白も黒も協力関係になってうまく境界持ってバランス取れば新しい価値が生まれるんだと思う。

そういったものを私がたくさん目にしてる意味になんとなく気付いたんだけど、これは社会だけではなくてパートナーシップにも関わってるなと思った。

私は自分が好きな相手が自分以外と幸せになったら、私は幸せになれないという思い込みがあるんだと思う。だから、彼が自分以外の女性に意識が向くかもしれないと思った途端に私は自分から自分の幸せを壊しにかかる。

相手が幸せになるときには、自分の存在価値が彼から消えてしまうと思ってる。

相手に幸せになってもらうには、自分の存在価値を消さないといけないと思ってる。どうせ未来がないなら今も要らないという白黒思考も生まれる。

私が今白と黒を意識させられているのは、相手が幸せになったとしても私にとっての私自身の価値は変わることがないということに気づくためなんじゃないかな?って思った。

相手にとっての私の価値も、きっと彼に他の大切な人ができたとしても大切な1人としてその価値は消えないんだと思う。そこに拘りや執着を持つから、心の天秤が働いてしまうんだよね。

彼以外の人たちが、私以外の人間と楽しくしていて幸せなのは私も幸せだと思えるのに、なんで彼だけにはそれが許せないんだろうね。

そこにこだわりを持たなくなることが私の今の課題なんだと思う。

彼が誰かを想って幸せになっても、私の価値は消えないと信じて喜べるようになれたらいいな。そうなれば私も幸せだね。

 

 

 

コメントを残す